現代の「お見合いおばさん」は婚活サイト

晩婚化やむなし?現代の結婚事情

厚生労働省の発表によれば、2012年の平均初婚年齢は男性30.8歳、女性29.2歳だったそうです。
参考までに約30年前の1980年の平均初婚年齢は、男性27.8歳、女性25.2歳でした。
晩婚化の傾向が、ハッキリ見て取れます。
昔よりライフスタイルが多様化して、結婚しないという選択がしやすくなったのかもしれません。
自由な生き方ができるようになったのは、望ましいことですが、一方で「結婚したいのに機会が無い」人もいます。
昔なら、適齢期になると親戚や近所、会社の上司などからお見合いの話や異性の紹介が持ち込まれました。
周囲が積極的に結婚する方向へ持って行った時代ともいえます。
結婚には大きな責任や決断がともないます。
そのように後押しする存在は「おせっかい」ともいえますが、そのくらいのおせっかいが無いと結婚しにくいのかもしれません。
ただ、やはり結婚は一生の問題、そしてプライベートな問題です。
自分の意思で相手を選び、結婚へつなげるのが大原則です。
そのためには、おせっかいよりも「後押し」くらいがちょうどよいでしょう。
世に溢れる婚活イベント、婚活サイトは、その一助になるかもしれません。
現代の結婚・婚活事情を紹介します。
自分に合った方法を選び、パートナーを見つけるきっかけにしてください。

婚活関連リンク

婚活サイト「ブライダルネット」・・・婚活を頑張っている方へおすすめの婚活サイトです。